小渕優子
小渕優子
トップ
アクセスマップ
ご意見
サイトマップ
自民党
小渕優子 小渕優子
年頭のごあいさつ 活動報告 議事録 プロフィール・経歴 選挙区 ご意見 更新情報 オブログ
小渕優子
メニュー
2016年活動報告
トップ > 活動報告 > 国会・党関連
2017年2月2日
森会長へ提言を申し入れ

小渕は「FCVを中心とした水素社会実現を促進する研究会」の議員連盟の会長です。

FCVとは、燃料電池自動車のことであり、水素は、天然ガスや水力など、自然に存在するエネルギーからの製造が可能な次世代のエネルギーとして注目されています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、日本が世界をリードする水素・燃料電池分野の技術や取組みを世界にアピールする絶好のチャンスです。

そこで、多くの日本人や訪日外国人が、水素の可能性を確信し、魅力を実感できるオリンピック・パラリンピックにするべく、党の政務調査会・水素社会推進小委員長である渡辺博道先生と、議連事務局長であるふくだ峰之先生とともに、大会組織委員会の森喜朗会長に提言を申し入れさせていただきました。

森会長へ提言を申し入れ
2017年2月1日
モルディブのモハメド外務次官と懇談

モルディブのモハメド外務次官が来日されました。
議員会館で、日本・モルディブ友好議員連盟の事務局長として、会長の竹下亘先生とともに懇談させていただきました。

モルディブではゴミ処理が問題となっていて、モハメド外務次官も今回の日本滞在中に、清掃工場を視察するそうです。

今年、日本とモルディブは国交樹立50周年にあたります。
議員連盟の先生方と協力しながら、両国の発展のために努めてまいります。

モルディブのモハメド外務次官と懇談
2017年1月25日
留学生国会見学

アフリカからの留学生の皆さんが国会へいらっしゃいました。

東洋大学の学生と、アフリカ地域からの留学生の皆さんが国会見学に来てくださいました。
留学生の中には、5か国語を話せる方もいて驚きました。
日本人の学生の中には、青年海外協力隊に参加経験のある方もいて、若く国際色豊かな皆さんとお話をしてパワーをもらいました。

留学生国会見学留学生国会見学
2017年1月23日
カンボジアのスオス・ヤラー国民議会議員と懇談

1月20日(金)から国会が始まりました。

23日(月)、日本・カンボジア友好議員連盟事務局長として、会長の平沼赳夫先生、幹事長の今村雅弘復興大臣とともに、カンボジアから来日中のスオス・ヤラー人民党対外関係委員会副委員長と懇談させていただきました。

スオス・ヤラー議員からは、これまでの日本の支援に対する感謝のお言葉をいただきました。
また、これからのカンボジアについて、貿易と中小企業支援を推進するための機関を設立したい、そして昨年就航した日本との直行便も活用しながらさらなる投資を呼び込みたいとおっしゃっていました。

カンボジアでは、今年の6月に村・地区評議会議員選挙、来年7月に国民議会議員選挙が行われる予定です。
日本は、技術的助言・専門家の派遣・機材供与などの選挙改革支援を行っています。

カンボジアのスオス・ヤラー国民議会議員と懇談カンボジアのスオス・ヤラー国民議会議員と懇談カンボジアのスオス・ヤラー国民議会議員と懇談
このページの先頭へ